レギュラーガソリン車にハイオクガソリンを入れるとどうなるのか?[特に何も変わりません]

知識
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。
最弱フェニックスです。

本日は、レギュラーガソリン車
ハイオク燃料を給油するとどうなるのか?
について、解説していきます。

この記事は、

  • レギュラー車だけどハイオク入れてもいいの?
  • ハイオクを入れるとパワーアップするの?
  • ハイオク車にレギュラーを給油してもいいの?

といった疑問をお持ちの方に
役に立つ内容になっています。

レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、
については、こちらの記事で解説していますので、
ご覧ください。

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いって何?【オクタン価が違います】
今回の記事は、ガソリンの種類である、 「レギュラー」、と「ハイオク」、の 違いを解説していきます。 間違えて入れたらどうなるの? これから車を購入される方、 レギュラー、ハイオク、って何?、 どっちがいいの? 違う種類を入れたらダメなの?、と 言った疑問をお持ちの方に向けた記事です。

レギュラーとハイオクの違いは

もっとも大きな違いとしては、
「オクタン価」、と呼ばれる成分
の含有量が異なります。

こちらは燃料の異常燃焼、
俗に言う「ノッキング」、を抑制する成分で、
多く含まれているほど効果が高いです。

規格では、レギュラーガソリンが、
「オクタン価89以上」、
ハイオクガソリンが、
「オクタン価96以上」、と定められています。

レギュラーガソリン車にハイオクを給油するとどうなるか

結論的には、特に何も変化は起こらず、
特に意味の無い行為です。

管理人は免許取りたての頃、
レギュラーガソリン車にハイオクを給油し、
性能が上がった気でいました。

なぜ何も意味がないのか?

レギュラーガソリン車は、
レギュラーガソリンの規格の範囲内で、
性能を発揮できる様に設計されています。

オクタン価89を前提に設計されている車両に、
燃料だけオクタン価96の物を使用しても、
レギュラーガソリンの範囲内での性能しか、
発揮できないわけです。

以上の理由から、
「パワーアップ」、は期待できません。

エンジンの中で何が起こっているのか

この項はメカ的な話が多いので、
苦手な方は読み飛ばしていただいても
問題有りません。

「オクタン価が高い」、と言うことは、
燃料としては燃焼しにくい
性質を持つことになります。

性能の高いガソリンなのに、
燃焼しにくいとは矛盾しているようですが、
エンジン内では燃料と、空気を混ぜた
「混合気」、と呼ばれる気体を、
強く圧縮し、そこへ点火させて、
強い爆発力を得ています。

条件によっては、この圧縮した段階で、
混合気が高温となり、自然発火してしまいます。
この状態が「ノッキング」、です。

この現象が発生すると、理想的な圧縮状態の前に
発火してしまい、燃料の持つエネルギーを発揮しきれません。
性能的にも、機械的にも、エンジンにとっては
不都合な状態です。

理想的な圧縮状態を作り出すためにも、
燃料はなるべく燃えにくい方がいいのです。

最新車両のレギュラー指定車にハイオク給油は要注意

繰り返しになりますが、レギュラーガソリン車は
レギュラーガソリンを使用する前提で設計されています。
現在のエンジンの開発レベルでは、
逆に性能ダウンにつながる可能性があります。

一昔前では、ハイオクガソリンを使用すると
性能アップが期待できましたが、
現在の精度ではハイオクガソリンに適応する
余地さえ足かせになってしまいます。

レギュラーガソリン=性能の低い燃料、
ではないのです。

そのため、レギュラーガソリン指定車は、
レギュラーガソリンを給油することが的確です。

ハイオクはガソリンスタンドなどで勧められます

ガソリンスタンドの店員さんからの、
「ハイオク給油営業」、は存在します。
セルフ式ガソリンスタンドでは、
少なくなりましたが、一定量存在します。

ガソリンスタンドはハイオクを売りたい

ガソリンスタンドとしては、
ハイオクの売り上げが多い方がいいので、
ハイオク給油を勧めます。

  • 燃費が良くなる
  • エンジンがきれいになる
  • エンジンが長持ちする

と言った営業文句を並べてきます。

もちろんこれらは決してウソではなく、
ハイオクの特性を主張している訳です。

不具合があってもガソリンスタンド側に責任は無い

お客さん自身が任意で給油しているので、
仮にハイオク給油が原因で車両が不調になっても、
ガソリンスタンド側の責任は追及できないでしょう。

何より彼らは、
ガソリンを販売するプロであって、
自動車のエンジンのプロではないのです。

自動車のエンジンのプロは、
設計したメーカーなのですから、
メーカーが指定する燃料を給油することが、
理にかなっていると思います。

最後に

まとめとして、今回の記事の内容を
振り返ります。

  • レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いは、
  • オクタン価の違い
  • レギュラーはオクタン価89以上
  • ハイオクはオクタン価96以上
  • レギュラーガソリン指定車に、
  • ハイオクガソリンを給油しても効果は無い
  • 逆に性能ダウンの可能性もある
  • 1リットル当たり10円の無駄遣いの可能性もある
  • ガソリンスタンドではなく
    メーカーの指定を守ったほうがいい

以上が今回の記事のまとめです。

この記事が、皆様の充実したカーライフの
お役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました