レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いって何?【オクタン価が違います】

知識
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。
最弱フェニックスです。

今回の記事は、ガソリンの種類である、
「レギュラー」、と「ハイオク」、の
違いを解説していきます。

  • ガソリンって種類あるの?
  • レギュラー?ハイオク?って何?
  • 間違えて入れたらダメなの?
  • どっちがいいの?

という様な疑問をお持ちの方も、
これを読んでいただければ解決します。

レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、の違いは何か

結論的には、「オクタン価」、が違います。
規格的に、違いはこれだけです。

1リットル当たりの価格が、
ハイオクガソリンの方が、
10円高い、です。

ガソリンに含まれるオクタン価とは何か

オクタン、とはエンジンの異常燃焼が
起こりにくくする物です。
通称「ノッキング」、と呼ばれている現象です。

これを数値的に表したものが、
「オクタン価」、です。

レギュラーガソリンにも、
オクタンは含まれています。
含有量が違うだけです。

レギュラー、ハイオクと何故2種類必要なのか

より高い性能を発揮する為に
存在しています。

レギュラーは「低価格重視」
ハイオクは「高出力重視」

どちらも方向性は違えど、
性能を求めて、であることに違いはありません。

レギュラーガソリン指定車はどんな車か

いわゆる、一般的なエンジンを搭載した車です。
ハイブリッドカー等も、レギュラー指定車が多いです。

「そこまでシビアな性能を求めていないエンジン」、
「コストとのバランスを取った結果」、
と言ったような理由です。

ハイオクガソリン指定車はどんな車か

いわゆる、高出力型エンジン搭載車や、
大排気量エンジン搭載車、
ハイオク指定車が多いです。

「ノッキングを起こしたくないエンジン」、
「より、高出力を追及したエンジン」、
「燃料も良い物を使って性能を追求」、
といった理由です。

ハイオクガソリンの特徴

一般的なイメージは、
「高い」、と言った所でしょうか。
それ以外の特徴を解説します。

ハイオクガソリンの規定

先述しましたが、
基本的にはオクタン価の高さです。
「オクタン価96以上」、が
ハイオクの規格です。
これ以外の指定はありません。

ハイオクガソリンの名前の由来

レギュラーガソリンに対して、
オクタン、がたくさん(ハイ:High)含まれる、
そこから来ています。
正式には、「ハイオクタンガソリン」、と言います。
別名で、「プレミアムガソリン」、と言われることもあります。
国内のガソリンに関しては、
両者は同じ意味です。

海外に行くと、区分や、呼び名が異なることもあります。

ハイオクガソリンのその他の特徴

エンジン洗浄成分が入っていたり、
エンジン保護成分が入っていたりします。

この辺りは、ハイオクの規格とは
特に無関係なので、メーカーによって様々、
と言った所です。

オクタン価を高める事と、
これらの添加剤の代金として、
1リットル当たり10円高くなっています。

レギュラーガソリンの特徴

一般的なガソリンですので、
ハイオクの様な特徴は、あまりありません。

レギュラーガソリンの規定

レギュラーガソリンにも、
オクタン、は含まれているので、
オクタン価の規定があります。

「オクタン価89以上」、と
定められています。
レギュラーガソリン車でも、
ノッキングは抑制しなければならないので、
オクタン価の規定はあります。

レギュラーガソリンの名前の由来

「レギュラー」、の言葉の意味は、
「通例の」、と言った意味を持ちます。
ですから、
「一般的なガソリン」、と言った意味です。

レギュラーガソリンのその他の特徴

エンジン洗浄成分や、エンジン保護成分が
含まれている物もあります。
メーカーによって異なるのですが、
入っていたとしても、ハイオクとは
含有量が異なります。

メーカーが、製品の特長として
入れるかどうかなので、こちらも
様々、と言った所です。

最後に

まとめとして、今回の記事を
振り返っていきます。

ガソリンには2種類存在して、

  • レギュラーガソリン
  • ハイオクガソリン

に分かれます。

レギュラーガソリンの特徴として、

  • 値段が安い
  • 日本全国どこでも手に入る

と言った所です。

ハイオクガソリンの特徴として、

  • 値段は高い
  • 性能重視
  • 様々な添加剤が含有
  • エンジンを保護する

と言った所です。

「レギュラー」、「ハイオク」、と
それぞれ一長一短ありますから、
それぞれの特徴をよく理解して、
選択してください。

この記事が、皆様の充実したカーライフの
お役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました