車選びで迷ったら Vol.2【後ろ姿をチェック】

自動車
スポンサーリンク

車を見るときはまず前側を見る

ほとんどの場合前側を見ますよね。
ほぼ全ての人がそうだと思います。
私ももちろんそうです。
自動車メーカーのカタログ等も、
表紙はその車の前面が写されていますし。
いたって当然の話でしょう。
よく、「顔」、とも表現されますが、
まさにその通り、自動車の「顔」、ですね。

それもいいんですが

「後ろ姿」、は結構重要です。
道路を走行中の車が1番良く見られているのは、
「後ろ姿」、です。
それも結構長い時間。結構な頻度で。
渋滞に巻き込まれようものなら、
前の車の「後ろ姿」がいつも景色にあるわけです。

前側は結構一瞬

考えてみれば、すれ違ったりするほんの一瞬しか、
他人からは見られないんです。
興味がある車が停まっている時に、まじまじと見るくらいでしょう。

車の前面は制約が多い

車という存在自体がそうなんですが、
結構制約が多いんです。
「法的」、な物はもちろんですが、
「技術的」、な制約が多いです。
そのためデザイナーが本来描きたいデザインを、
修正しなくてはならないわけで。
そういった事情があり、デザインに限界があるんです。

後面にも制約はある

もちろんですがあります。
ですが、前面に比べるとやや制約は少ないでしょう。
「技術的制約」、が後面は少なめです。
そのため、デザイナーが考えたデザインがそのまま生きやすい。
その結果「格好いい」、と思えるデザインになりやすいんです。

後ろ姿の格好良さ

私自身も車を選ぶ時に、「後ろ姿」は、
かなり重要視しています。
車のカタログなどでも、「後ろ姿」、のカットを探しがちです。
特に「斜め後ろ」からのデザインが良い車は、格好いいですよ。
もちろん車のデザインによっては、「可愛い」、ですし。
後ろ姿に不満があると、心の中で何か引っ掛かりがあります。

地味に思われるかもしれませんが、
ぜひ一度注目していただきたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました